夜行バスツアーでスキーに行く時はここに注意!

先ずはマナーを守ってみんなで気持ちの良い旅行に!

スキーに行くために夜行バスツアーを利用される方も多いですが、その時にまず注意をしたいことは、バスの中のマナーを守るということです。夜行バスは通常のバスとは違い、夜間走行中は照明が落とされたり暗くなったりします。また、夜行バスの中で一眠りしてから、スキーに行きたいと考えている方も多いです。
ですので、バスの中では携帯電話の光に気を使ったり、音楽などを流さないなどの一般的なマナーを守ることが大切です。みんなで最低限のマナーを守れば、夜行バスツアーに参加している方全員が不快な思いをしなくてよくなります。
特に初めて夜行バスツアーに参加する方は、マナーには気をつけていきましょう。その他には座席のシートを倒すときには後ろの人に一声かけると言ったこともマナーです。

スキーグッズを持っていくのかレンタルするのか

その他には、自身が持っているスキーグッズをスキー場に持っていくのか、それともレンタルして使うのかどうかも注意点となります。自身が滑りやすいスキー板やスキー靴の方が快適な滑りが出来るようになりますが、それをバスまで運ばなければ行けなかったり、それを購入するお金もかかります。
一方、レンタルする方法は滑りやすさは普段利用しているものとは変わりますが、荷物量が少なくなり、購入するお金も節約することが出来ます。
普段は頻繁にスキーに行かないという人や、スキーグッズを一つも持っていない方は、レンタルが良いことも多いです。その点もよく考慮して、夜行バスツアーに参加するようにしましょう。また、夜行バスツアーを提供する旅行会社選びも重要です。

© Copyright Ski Experience. All Rights Reserved.